So-net無料ブログ作成

「にほんブログ村」のランキングに参加中!

2006年8月に最初のブログ『いっこさんの英国便り』を立ち上げ、
帰国後の2008年4月に第2部『いっこさんの東京物語』
2019年7月に帰郷し第3部『いっこさんの金沢暮らし』をスタート。
読者の皆さまからのコメント、応援のポチッが励みになっています。
      ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
前の10件 | -

あっけなく [日記]

夏休みも今日で終わり。

「お出かけモード」から「引きこもりモード」に。

甲子園の高校野球、午後の準決勝の試合に金沢の星稜高校が登場。
試合が盛り上がっていたのでなかなか外出できず。
しかし、4時を過ぎたので、重い腰を上げて外出。

20190818 トルコ桔梗.jpg

近所の花屋さんでトルコ桔梗を買って母に会いに行きました。
視覚から晩夏を感じてもらおうと。

談話室にいる母のところに行くと、テレビ観戦をしているところで、ほどなく試合終了のサイレンが鳴りました。
地元チームの大勝に明日からの仕事に向けて元気をもらいました。

     20190818 百合.jpg

先週までは蕾だった老人ホームの庭の百合が白い花を咲かせていました。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寺島蔵人邸 [金沢 観る・遊ぶ]

金沢市指定文化財史跡武家屋敷 寺島蔵人邸に行ってきました。

20190816 寺島蔵人邸1.jpg

禄高450石の中級武士として加賀藩に仕えた寺島蔵人(くらんど、1777-1837)
画家としても知られ、応養の号も持っている。

スタッフから簡単な説明を聞いたあと、茶室で抹茶をいただきました。(茶菓券300円)

20190816 寺島蔵人邸2.jpg 家紋を象った干菓子は諸江屋製

池泉回遊式庭園の池は水がなく、これにちなみ「乾泉」と名付けた。

20190816 寺島蔵人邸3.jpg 扁額は浦上玉堂の書

庭を歩くと、栗のイガが落ちていました。秋近し?

20190816 寺島蔵人邸4.jpg

20190816 寺島蔵人邸5.jpg
     20190816 寺島蔵人邸6.jpg
          20190816 寺島蔵人邸7.jpg 佐渡の赤石

この庭園には大きなドウダンツツジの木が何本も植えられていて、春には白い鈴蘭のような花がそれこそ名前のとおり満天星のように、また秋には紅葉が素晴らしいとのこと。
その時期にまた訪問しましょうか。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

永井Go展 [アート&デザイン]

いしかわ赤レンガミュージアム石川県立歴史博物館で「画業50年"突破"記念 永井Go展」を観てきました。

20190816 永井Go展1.jpg
永井豪画伯が生み出したオールスターズ

マンガ界の鬼才・永井豪(1945年、石川県輪島市生まれ)
画伯の画業50年突破を記念した展覧会。
歴博のエントランスに入ると、

あれは誰だ? 20190816 永井Go展2.jpg

20190816 永井Go展3.jpg デビル、デビルマン!

会場に行く前に気持ちが昂ります。

20190816 永井Go展4.jpg
マジンガーZ、デビルマン、キューティーハニー

別棟の会場アプローチ(階段)では、スリートップがお出迎え。
さらに期待感が高まります。
階段を上がると、今度はこのお三方が待っていました。

20190816 永井Go展8.jpg
私はリアルタイムで視ていたマジンガーZ(真ん中)が好き

本展は、永井豪さんのデビュー作から最新作まで、直筆マンガ原稿、カラーイラストなど600点以上を展示。
会場構成は次のとおり。

第一章 鬼と悪魔の黙示録
 1971年発表の「魔王ダンテ」をはじめ、「デビルマン」など
第二章 ヒロイン・ヒロイックサーガ
 「キューティ―ハニー」、社会現象を巻き起こした「ハレンチ学園」など
第三章 笑劇奇譚
 「けっこう仮面」などのギャグマンガ
第四章 魔神伝説
 世界初の人が搭乗して戦うロボットマンガ「マジンガーZ」(1972年誕生)
 マジンは“魔神”を意味していたのですね
第五章 OTHER WORKS
 マンガ以外の仕事を紹介(小説の挿絵、レコードやCDのジャケットなど)
第六章 現在進行形

撮影可能エリアに再現されていたアトリエ。
  20190816 永井Go展5.jpg 

キャラクターのフィギュアも。
  20190816 永井Go展6.jpg
             20190816 永井Go展7.jpg

ハレンチ、ナンセンス、非常識、不謹慎。
一般的にはタブーのような概念をイマジネーションの世界に昇華。
いつまでもみずみずしい感性に敬服です。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:マンガ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

昭和の台所 [金沢 観る・遊ぶ]

‎金沢くらしの博物館で企画展「昭和の台所」を観てきました。

20190816 昭和の台所1.jpg

戦前から戦後にかけての昭和の台所の移り変わりが紹介されている展示、どれを見ても、「あった、あった」と懐かしさとともに当時の家庭の記憶が蘇ります。

食卓風景
20190816 昭和の台所2.jpg
ちゃぶ台(使わない時は折りたためる)、箱膳(箱の中に一人分の食器を収納できる)

布団(使わない時はたたんで押し入れに収納)も含め、日本の生活様式は「収納の文化」かもしれません。
狭いスペースを多目的、効率的に使うための工夫ですね。

台所用品
20190816 昭和の台所3.jpg
昔の家電って花柄が多かったよね

アルマイトの弁当箱、私も使ってました。
20190816 昭和の台所4.jpg

企画展示室以外は「戦前のくらし」「戦後のくらし」を紹介する部屋もあります。

たしかに、居間や台所、こんな雰囲気だったよね~
20190816 昭和の台所5.jpg

夏休みに従妹たちが泊まりに来たとき一緒に蚊帳に入って寝たなぁ。
20190816 昭和の台所6.jpg

私もモンチッチ、だっこちゃんの人形持っていた。
20190816 昭和の台所7.jpg

昔と今の金沢の町(駅、繁華街など)の比較写真の展示もあったり。
小学生の息子を連れた母親が、「金沢に昔、ヘルスセンターっていう娯楽施設あってんよ。動物園もあって白い蛇もおってんよ」と説明しているのを横で聞いていた私も思わず「そうでしたね~」と相槌を打ってしまいました(笑)

廊下も懐かしさを演出。
子どもの着物 20190816 昭和の台所10.jpg
20190816 昭和の台所11.jpg 花嫁のれん

「学校時代」の部屋では、尋常中学校(金沢二中・紫錦台中)の教室も再現されています。
20190816 昭和の台所9.jpg

2階の特別室では、金沢市が所蔵する国・市指定民俗文化財を紹介。

赤と黒の艶やかな漆器、美しい。
20190816 昭和の台所8.jpg

博物館の建物は、明治32年(1899)に石川県第二中学校(後に金沢二中)の校舎として建てられた洋風木造建築の校舎を再利用。

20190816 昭和の台所13.jpg

前には辰巳用水が流れています。
20190816 昭和の台所12.jpg

住所は飛梅町 20190816 昭和の台所14.jpg

入口そばに立っていた、これは何でしょうね?
  20190816 昭和の台所17.jpg

左右二つの尖塔と、塔に見立てた中央の屋根を加えた「三尖塔校舎」
  20190816 昭和の台所15.jpg 設計者・山口孝吉

階段の親柱には、古代ギリシャ・ローマ建築様式から伝わる「フルーティング」と呼ばれるデザインの四本の縦溝が彫られています。
  20190816 昭和の台所18.jpg

玄関周辺や階段の手すりには透かし彫りなどが施され、入り組んだ屋根、玄関の車寄せ、上げ下げ窓、胴蛇腹、ランプ吊りなど、明治時代の西洋風木造学校建築を今に残した貴重な建物。

20190816 昭和の台所16.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

洋食の北極 [金沢 食べる・飲む]

私の夏休みも終わりに近づいてきました。

今日は石引町界隈で「昭和」を懐かしむをテーマに外出したついでに、ランチも昭和の味を食べてきました。

洋食の北極(石引3丁目5−23)
     20190816 北極1.jpg

私が大学生だった頃、大学はまだ金沢城内にあり、学生たちが住む場所もそこを中心に、兼六園下・旭町方面、医薬工学部がある小立野方面、大手門側の尾張町や東山方面、町中の長町方面、学生寮がある寺町台などに分散していました。

学生が住んでいれば、安くて手軽に食べられる食事処は欠かせません。
小立野方面の食事処の一つがこの北極。
私はあまり行った記憶はないのですが、それでも名前を聞くと懐かしさを感じずにはいられません。

注文したのは、お店オリジナルのメニュー、エスカロップ・ド・ポーク。
20190816 北極2.jpg
ポークも、別注文のご飯も小さいサイズ。計1000円

豚ロースカツに、炒めたオニオンにデミグラスソースを合わせた濃厚なソースをたっぷり掛けたもの。
付け合わせのポテトサラダは酸味が強い味。

厨房では、オジサンが頑張ってフライパンを振ってました。
まだまだ食べたいメニューがたくさん。また行きましょ。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:洋食
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

前田家伝来 夏衣裳と調度展 [金沢 観る・遊ぶ]

‎成巽閣で毎年恒例の企画展「前田家伝来 夏衣裳と調度展」を観てきました。

20190815 夏衣裳と調度展.jpg

成巽閣(せいそんかく)に数多く伝えらた前田家の奥方衣裳。
将軍家、紀州、尾張徳川家、鍋島家や公家の姫君が所持された単衣、麻を素材とした帷子(かたびら)・帯などが展示されています。
(中は写真撮影不可)

20190815 成巽閣1.jpg

成巽閣(旧巽御殿)は、文久3年(1863年)、前田家十三代齊泰(なりやす)が母君にあたる十二代奥方・眞龍院(鷹司隆子)のために造営した奥方御殿。
細やかな心配りに満ちた優しく雅な空間を造り上げました。

障子の腰板には、蕨・土筆・蒲公英・水仙・万年青・菫・蝶・亀など、愛らしい絵が描かれ、お休息の間(松の間)の書院商事の腰板には、小鳥の絵が描かれたオランダ渡来のギヤマンがはめ込まれるなど、さまざまな意匠がこらされています。
「謁見の間」の極彩色の欄間や「群青の間」の鮮やかな色壁、「網代の間」の天井など、一つひとつの部屋にみどころがあります。

万年青の縁庭園 20190815 成巽閣2.jpg

つくしの縁庭園
20190815 成巽閣3.jpg

きれいな色の鳥が鳴き声を聴かせていました。
  20190815 成巽閣4.jpg

杮葺(こけらぶき)の屋根。前田家の梅鉢紋も見えます。
20190815 成巽閣5.jpg

久しぶりに成巽閣の中に入りましたが、壁が剥がれているところがあったり老朽化が気になりました。早く修復されることを願っています。

          20190815 成巽閣6.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

BLUES ~和の空間にみる青~ [アート&デザイン]

金沢市立中村記念美術館で企画展「BLUES ~和の空間にみる青~ 」を観てきました。

20190815 BLUES1.jpg

青、藍、蒼、碧(へき)、群青、紺青(こんじょう)、青緑(せいりょく)などのさまざまな語であらわされる青い色。
美術館所属品の中から、青い色をあらわした絵画、陶磁器、染織、漆芸作品を特集した展覧会です。

20190815 BLUES2.jpg
重要美術品「法花蓮池水禽文大香炉」景徳鎮窯、明時代(16世紀)

※法花:文様の境界を細い線で盛り上げ、区切ることにより、異なる色の釉薬が混じることを防ぐ陶芸技法の一つ

20190815 BLUES3.jpg
古九谷瑠璃瓢形徳利、明時代(17世紀)

20190815 BLUES4.jpg
古九谷青手山水図平鉢、江戸時代(17世紀)

暑い時期は寒色系のブルーを見て、視覚から涼しさを感じましょう。

20190815 中村美術館2.jpg

さらに、心を静めて味覚からも。

20190815 中村美術館1.jpg
茶碗は「色絵菊文茶碗」戸出政志作。干菓子は諸江屋製「濃茶楽雁」

掛け軸「明歴々露堂々」大徳寺塔頭 狐逢庵住職 小堀卓巌 筆
(仏法とは神秘的でわかりにくものように思いがちであるが、実は、目の前にはっきりと現れている)

【備忘メモ】
入場に利用したのは、金沢市文化施設共通観覧券 3日間パスポート820円。
金沢市立の文化施設はだいたい300円なので3か所入場すれば元が取れます。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ORIENTAL BREWING はしご飲み [金沢 食べる・飲む]

金沢でクラフトビールを造る醸造所、ORIENTAL BREWING(オリエンタルブルーイング)
東山、香林坊、金沢駅に3つの直営店があります。

夏休み前の金曜日、仕事帰りにまずは百番街あんと西2階にある金沢駅店に行ってみました。

20190809 ORIENTAL BREWING金沢駅店1.jpg

カウンター席には、私と同じような女性ひとり客の姿も。新幹線に乗る前の旅行者でしょうか。
また、私と同じく仕事帰りのパパが息子を連れたママを待ち、一緒に夕食という家族も。

20190809 ORIENTAL BREWING金沢駅店2.jpg

私がこの日いただいたのは、加賀棒茶のスタウト(焙煎大麦、ほうじ茶を原材料に加えた、甘みを抑えたすっきりとした飲み口の黒ビール)、マスカルポーネのハチミツかけ、季節の加賀野菜ピザ(金時草、加賀太キュウリなどのトッピング)

帰宅してレシートに書かれたメッセージを読むと、
【はしご飲みサービス】
レシートをもって、系列店へ!3日以内のレシートを見せるとポテトフライをプレゼント!
と、書いてあります。

というわけで、日曜日の夜、レシート持って東山店へ向かいました。

20190811 ORIENTAL BREWING東山店1.jpg

ポテトフライ無料♪(ささやかな節約)
  20190811 ORIENTAL BREWING東山店2.jpg

もう一品は能登豚のローストポーク。
地クラフトビールは、白ワインをイメージして香りづけした金澤ブランカ。

と、ここまで読んで勘のいい読者の方はおわかりですね(笑)

20190814夕空@カトリック金沢教会.jpg
広坂のカトリック金沢教会。夕方なのに日射しの強さがわかります

はい、今日は町ナカに出かけた流れで香林坊店へ。

20190814 ORIENTAL BREWING香林坊店.jpg

無料のポテトフライにプラスしたのはシーザーサラダ。これでハーフサイズ。
ポテトも東山店より多く感じたのは気のせい?
お供のクラフトビールは、きまビール(無濾過非加熱のフレッシュなホワイトエール。隠し味に山椒を少しだけ使用)

猛暑で汗をかいたあとは冷えたビールが美味しい~

気楽に気軽にひとり飲み。いいね。

20190814夕空@金沢文化ホール.jpg
日没時の夕空。金沢文化ホールにて


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

狂言面・狂言装束の粋と山科理絵が描く狂言画 [金沢 観る・遊ぶ]

金沢能楽美術館で「特別展 狂言面・狂言装束の粋と山科理絵が描く狂言画」を観てきました。

20190814 金沢能楽美術館1.jpg
山科理絵「花颯游幻ノ謡」部分、2019年、作家蔵

本展は、金沢市文化ホールリニューアル記念公演・新作狂言「鮎」と連携しての開催。
小説家・池澤夏樹が、白山周辺から金沢を舞台に原作を書いた新作狂言「鮎」、6月中旬に金沢で公演があったようで、残念ながら見逃しました。
その演出・補綴を手掛けた野村萬斎(和泉流)は、江戸時代の加賀藩町役者にルーツを持つとのこと、初めて知り、さらに親近感を持ちました。

金沢にゆかりの深い狂言にちなみ、公演のメインビジュアルを描いた現代の絵師・山科理絵(1977年千葉県生まれ)の狂言画と、そのインスピレーションの源となった狂言面や狂言装束が紹介されています。

山科理絵さんの描く日本画は、繊細で、見る者の想像を広げてくれるような画風。現代アートのようにも、劇画のようにも見えます。

残念ながら特別展の会場は写真撮影不可なので、1階の導入展示室の様子を少しだけ。

20190814 金沢能楽美術館2.jpg
能の映像と音声が流れていて体感できます

能舞台と同じ大きさの空間に、能舞台の構造(揚幕から橋がかり、三間四方の本舞台の四隅の柱など)がわかるような模型が再現され、シテ役(主人公)などの演者の立ち位置と役割などがわかりやすく解説されています。

能装束や能面を着装体験・記念撮影ができるコーナーもあります。

20190814 金沢能楽美術館3.jpg

3階の研修室でも着装体験ができるそうですが、今回はどちらも終了していたので体験できず。
能の楽器体験(太鼓など)も不定期に行われているので、いつかやってみようかしら。

【学習メモ】
●金沢の能楽は、加賀藩前田家が武家の式楽として保護、育成を図り、庶民にも広く奨励
 初代藩主利家の頃は金春(こんぱる)流。「加賀宝生」として発展させたのは五代藩主綱紀
 明治維新により武士階級の衰退により一旦衰えた加賀宝生「中興の祖」と言われるのが佐野吉之助。金沢は「空から謡が降ってくる」とまで言われるほど、広く市民の間に広がった
●「狂言の修行は、猿にはじまり狐に終わる」とも言われている
 猿とは「靭猿」の演目。猿役を狂言師が初舞台で演じることも多い
 靭(うつぼ)とは、持ち歩ける筒形の矢入れ具
 狐とは「釣狐」の古狐。演者は不自然な姿勢の苦痛をしいられ、しかもその「化け」がいつ見破られるかという精神的緊張の中で演じるということで、狂言師の資格認定「卒業論文」とされている


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ガリガリ君 スポーツドリンク味 [食べログ]

赤城乳業ガリガリ君の定点観測。

スポーツドリンク味
20190812 ガリガリ君スポーツドリンク味.jpg

こう毎日猛暑が続くと、水分とともに塩分などのミネラル補給が欠かせません。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -